お問い合わせ

加圧トレーニング

現在自分は加圧トレーナーとしても活動しています。
そこで今回は普通のトレーニングと加圧トレーニングどのような違いがあるのか見ていきましょう。

加圧トレーニングとは

腕・脚の根元を専用のベルトを用いて適度な圧力で締めることで、血流を制限して行う大変ユニークなトレーニング方法です。20-50%1RM(1回であげられるMAX重量の20-50%)程度の低負荷強度を用いて大きな筋肥大効果を得られることが報告されています。

筋肥大・筋力増強効果のメカニズム

加圧トレーニングは、専用のベルトで血流を制限して筋肉内を低酸素状態にすることで、乳酸などの代謝物が蓄積して筋内の代謝環境を苛酷にします。この代謝環境の変化が成長ホルモンなどのホルモン分泌を活性化します。これらの一連の酸素環境・代謝環境の変化やホルモン応答が、筋肥大効果を誘発する主要素として働いていると考えられています。

加圧トレーニングと成長ホルモン

Takaradaらは最大筋力の20%の負荷強度でのレッグエクステンションによって血中成長ホルモン濃度が安静時の約290倍に増加したことを報告しています[1]。成長ホルモンは全身の細胞の合成反応を促進しますので、筋肉の成長を促進するだけでなく、肌の表皮細胞の代謝活性などによる、いわゆる若返り効果も期待できるかもしれません。

加圧トレーニングの利点

加圧トレーニングの最大の利点は、低負荷の運動で大きな筋肥大・筋力増強効果を得られることでしょう。けがのリスクを抑えて大きなトレーニング効果を得ることができます。関節や筋・腱の脆弱となっている中・高齢者向けの、安全で効果的な方法として期待されています。

いかがだったでしょうか、個人的な感想としては加圧トレーニングの方が扱う重さが軽いため筋肉痛があまりなく次の日も快適に過ごせることが多いです!

インスタグラムもぜひご覧ください!

こちらも見てね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です