お問い合わせ

プロテイン何を飲めばいいの?

こんにちは!はーちんです!

トレーニングを行っている方、ダイエットをしているとかならず必要になってくるもの
それがプロテインです、では飲まなきゃいけないことははかったけど何を飲めば一番いいのか
いっぱいありすぎてわからない!そんな方とても多いと思います、今回はそんな方のための記事です!

そもそもプロテインとは何なのでしょうか?
プロテインとは日本語で言うと「たんぱく質」です。
なので皆さんプロテインという名前の粉を飲んでいるわけではなく、
たんぱく質を粉にして飲んでいる、それがプロテインです
ですから、粉のプロテインがダイエットやトレーニングに必要なのではなく
卵やお肉などに多く含まれるたんぱく質という栄養素が必要になります
食べ物でたんぱく質を摂取するのが一番筋肉になりやすいので、
固形のものから取れる人はそちらから積極的にたんぱく質を取ってください。

しかしそんな方は少なく、食べ物で取ろうとするととても大変、
そこでどこでも簡単に摂取できるプロテインがよく使われているのです!
現に私も毎日プロテインを飲んでいます。

本題に入りましょう、ではどのプロテインが一番いいのか
結論から言うと効果という意味ではどれも大した差はないと思います。

ただ味や、個人の体に合う合わないは必ずあるので、自分に合ったプロテインをみつけていくことが とても大事です。

それでは自分に合ったプロテイン探しのお手伝いにそれぞれのプロテインの特徴をまとめてみました!

まずは一番有名どこでも売っているホエイプロテインです

ホエイプロテインは、牛乳に含まれるタンパク質の一種です。
ヨーグルトの上澄みにできる液体のことをホエイ(乳清)といいますが、
このホエイに含まれるタンパク質がホエイプロテインです。
よい点はたんぱく質吸収が早い点です。
また色々な味があり自分好みの味を見つけられる点ではとてもいいと思います!
悪い点はホエイプロテインは牛乳でおなかを壊してしまう人、乳糖不耐症を持つ人にとっては、腹部膨満感やお腹が張ってごろごろする場合があり体には合わないでしょう。

ホエイプロテインには2つの製法があります

WPC製法

Whey Protein Concentrate(濃縮乳清タンパク質)、濃縮膜処理法とも呼ばれます。
原料になる乳清をフィルターで膜処理し、ろ過して得られた液体を濃縮する製法のため乳糖が残りやすくなってしまいます。乳糖不耐症を持つ人にとっては、腹部膨満感やお腹が張ってごろごろする原因となる場合もありますが、乳清に含まれるビタミンやミネラルをできるだけ多く残すことができるメリットがあります。
タンパク質含有率が約80%の製品はこの製法で作られていることが多いようです。

WPI製法

Whey Protein Isolate(分離乳清タンパク質)、イオン交換法とも呼ばれます。
WPC製法で分離されたタンパク質をさらにイオン交換して作られるため、タンパク質以外の成分はほぼ除去されて高濃度のホエイタンパクが作られます。タンパク質含有率も約90%と高く、お腹の不調になりやすい乳糖の含有率も非常に低いため、乳糖不耐症の方にも適した製法といえます。精製度の高いホエイプロテインを実現するために比較的多くの工数が必要となり、価格は若干高めです

ホエイを飲んでお腹の調子が悪い人はWPIのホエイプロテインを飲んでみてください!

次にソイプロテインです
こちらは大豆のタンパク質部分だけを粉末にしたものです。
タンパク質の比率を高め水分や糖質、脂肪を減らし植物性タンパク質を効果的に摂取できるようになっています豆製品からできている植物性たんぱく質です。
よい点はホエイプロテインより体内に吸収されるスピードが遅いため
腹持ちがよくダイエットを目的にしている方にはお勧めです!
悪い点はホエイより味や売っている種類が少ないです。
また大半が飲むときに粉が混ざりにくく、粉っぽくいので飲みずらさを感じるかたもいらっしゃるかもしれません。

次にピープロテインです

牛乳や大豆にアレルギーがあることを理由に、ホエイプロテインやソイプロテインが摂取できない場合があります。ピープロテインには、乳・卵・大豆といったアレルギー物質が含まれていないため、アレルギーによってプロテインの摂取が難しい人には、特におすすめできます。

今回は三種類のプロテインを紹介しました、私の考えではどれも効果はさほど変わらないので
トレーナーに「ホエイプロテインを飲め」と言われたから絶対ホエイを飲まないと!など思わずに
飲みやすさ、飲んだ後の体の調子などをみて選んでみてください!

こちらも見てね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です