お問い合わせ

トレーニング前の食事について

こんにちははーちんです!

トレーニングをする前に食事をしていない方がとても多い気がします

なんか今日力でないなー

何か食べてきましたか?

そういえばお昼から何も食べてないかも

脂肪を燃やすために食べないほうがいい気もするし
運動前に何か食べると気持ち悪くなる。

はたして運動前には食事を摂るべきか、摂らないべきなのか

正解は 摂ったほうがいいです(主に炭水化物を)

トレーニングに必要なパワーを発揮するためにはエネルギー源が十分に満たされていることが必要です。炭水化物(糖質)は筋肉や肝臓でグリコーゲンになってエネルギー源として貯蔵され、必要に応じて消費されます。また脳・神経系は炭水化物(糖質)を唯一のエネルギー源としているため、十分に摂取して行うと集中力を保ち、高強度のトレーニングにも良い効果をもたらしてくれます。

またグリコーゲンが体からなくなるとトレーニング中のエネルギーは筋肉を分解して作ろうとします。要するに筋トレをするために筋肉を減らしてしまう
筋肉を増やすために行っているのに逆行しています
これらのことからトレーニング前には炭水化物を摂ったほうがいいと言えます。

ではどのタイミングで何をとるのが効果的なのか。

私がおすすめするのは、トレーニング1時程前ににバナナ一本、もしくはゼリー系のものを食べることです。

トレーニング2~3間前にしっかり食事をしているのであれば無理に食べる必要はありません、
十分エネルギーが満たされています。

しかし何も食べていない状態でトレーニング1時間前を迎えた時、
ごはんやパンだと消化に時間がかかり運動中、胃腸違和感が。

その点バナナやゼリー、スポーツドリンクは消化吸収が早く胃腸に負担がかかりにくい。
また、あまり食欲がない状態でも手軽に摂ることができます。

結論、トレーニング前には炭水化物を摂取する、1時間程前のバナナやゼリーがおすすめです。

脂肪を燃やすために何も食べずに運動したほうがいいのかなと思ってしまいますが、
エネルギーを取って運動することで結果的に脂肪だけを燃やす近道になります。
何より運動中にお腹が減っては、元気も出ず楽しむことができません。
エネルギー満タン元気いっぱいでトレーニングを楽しみましょう

こちらも見てね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です